塾に通っても成績が伸びない訳とは

 塾に通っているのに、思うように成績が上がらないと感じることはありませんか。
もしそうなら、それには、大きく2つの原因があります。

 第一には、生徒本人も気づいていない基本的なところに
「理解のアナ」があるということです。
プロの教師なら、生徒の答案やノートをよく見ればすぐに分かりますが、
集団授業をしている教師からは、
一人ひとりをそこまで深く見る余裕はありません。
生徒たちは、自身の理解の程度に関わらず、
ひたすら板書を写すことが塾での勉強の中心になっています。

 このやり方がとても効率の悪い勉強法であることは、
大人ならすぐにわかるのではないでしょうか。
塾は学校とは違います。
教科書の流れの順に授業することが目的なのではなく、
一人ひとりの生徒が、今まで解らなかったことがわかり、
出来なかったことを出来るようにすることが進学塾の指導だ
と私たちは思います。
では、生徒一人ひとりの理解を確実になものにするためには、
どうすればよいのでしょうか。

 成果を出すためには、生徒の頭の中の、「まだら」状態で存在している
「理解のアナ」をうめていくことが必要だと私たちは考えています。
そのためには、ノートの書き方、教科書や問題の読み方、学校の授業の受け方、
暗記のしかたなど多方面にわたる「勉強のコツ」を教え、実践させることです。
一斉の授業でも、これは出来るように思われますが、
でも授業ではうまくいかないのです。なぜでしょう。

 それは、教師の問題というより、大きくは生徒の問題です。
授業で全員に勉強のやり方について説明しますと、
生徒たちは直接自分に言われたのではないため、自分のこととしては聞くことができません。
「そうなんですか、でも私のことではないです」と思う生徒が多いのです。
一人ひとりに直接、「君の課題は、ここですよ」と言ってあげないと、
たいていの生徒は自分のことだとは考えません。
さらに、指摘したことを、その生徒が実行しているかどうかを
チェックしていくことが重要になりますが、
集団授業では業務の性格上、そんな指導には無理がありるため、
本人まかせになってしまいます。

 原因の2つ目は、授業では、教師は教えたつもり、
生徒はわかったつもりになりがちだという点です。
大事なことは、生徒が学習したことを、理解し、使えるようになることですが、
このためには教わった後に十分に練習することが必要です。
授業でも新しいことを教えたあとに練習問題を解かせているとは思いますが、
問題は身につくまでの練習量には個人差があるということです。

 これはスポーツなどをイメージすれば、すぐわかると思います。
新しい技術を教わったとき、2、3回で出来るようになる人と、
10回も20回もかかってやっと出来る人がいますよね。
勉強の場合もこれと同じことが言えます。
集団塾の授業では、全員同じ量しか練習の時間がありません。
つまり、上達が速い人に合わせたシステムになっているのですから、
ほとんどの生徒にとっては充分な練習量が足りていないのです。

 これからは高校入試も大学入試も、文章読解力と論理的思考力が、
最も重要な能力となっていきます。基礎・基本を軽視した詰込み型の勉強では、
「勉強ぎらい」をつくってしまい、子供たちを大きく伸ばすことはできません。
育アカでは、一人ひとりを大切に、
将来にもつながる伸びる勉強の方法と姿勢を教えています。