夏期講習

基礎を固めて合格力をつける

基礎を固めて合格力をつける

部活も勉強もがんばりたい、やる気の君を応援します。

育アカは、伸びたい人の強い味方
あなたも弱点を伸ばす、勉強に変えれば、志望校合格が見えてきます!

ワンランク上の志望校合格をめざそう

育アカの個別だからできること

  • 中体連で忙しい中3生は、練習のない時間帯や部活終了後に補習や特別日程を組むことが出来ます。
  • 特に強化したい苦手教科を重点的に学習することが出来ます。
  • 理解力に応じた指導で、力がある生徒を待たせません。
    わからないところは充分に時間をかけ基礎から勉強できます。
  • 通常、部活などで忙しい人は、試験の前に集中して勉強できます。
  • 家で勉強が進まない人は、教室で自習することができます。

中3生 全18日間

1日3時間~7時間の各コース 5教科

志望校レベルの演習
一人ひとりの弱点対策

中2・1生 全14日間

1日2時間 午前・夜の各コース 5教科

現学年Ⅰ学期までの復習と一人ひとりの弱点対策
夏休み反省テストとⅡ学期の定期試験への準備を行います。
公立入試判定テストを実施します。入試問題にも挑戦してみます。

育アカでは、通常の時間でないときでも教室で自習することで出来ます。

小6・5生 全10日間

1日2時間 午後 公立進学コース 国・算・英

4,5年後に福高・香住丘など公立進学校をめざすコースです。
入試の変化に対応し、文章読解力や思考力、表現力を伸ばします。

料金も比べてください。

料金も比べてください。

夏期講習 安心料金宣言

(例)

中3 3時間18日間コース授業料

48,000円が29,000円(税抜) ※他に教材費9,700円

中2・1 2時間14日間コース授業料

33,000円が18,000円(税抜) ※他に教材費5,700円

★育アカの18日間124時間コースは、大手塾のわずか4泊の合宿費用より低額です。
★他の個別指導塾の料金より格安です。


成績アップのゴールデン・ルール

成績アップのゴールデン・ルール

 

1. わからないところは基礎からやり直す。

わからないところは基礎からやり直す。

しっかりした建物を建てるには基礎となる土台が重要であるのと同じように、勉強でも、基礎になる部分があやふやでは、発展はありません。基礎からというと回り道のように思えるかもしれませんが、自分の苦手分野は基礎からやり直すことがゼッタイ必要です。

育英では、各自の弱点教科や領域に焦点を合わせた弱点補強教材をたくさん用意して、楽に基礎復習ができるように指導しています。

集団指導の大手の塾では、一斉授業が中心ですから、個々人の弱点に即した指導は出来ません。前に進むことを優先し、基礎の強化が大切だとは考えられていないようです。

一方、個別指導の塾でも、弱点分野対策は出来ていないのが普通です。アルバイトの学生やフリーターにとって、塾は片手間の仕事のため、決められたテキストを進めるだけの指導になっているのが実態です。

2. 自分流のやり方を改善する。

自分流のやり方を改善する。

勉強は、ノートの書き方一つで成果が違ってきます。ところが、生徒は直接指導されないと、自分の問題点になかなか気づきません。例えば、数学では解き方の過程が大変重要ですが、苦手な生徒は過程をいい加減に書きます。これを見つけて指導できるのは、経験をつんだプロの教師だけです。

育英では、一人ひとりのノートやプリントを常時チェックして、改善しないといけない点を逐一指導しています。

集団授業の教壇からは、生徒の一人ひとりのノートは見えません。いくら口で言っても、直接指摘されなければ、生徒は聞いてはくれません。個別塾のアルバイト教師は、専門外のため、ノートやプリントへの書き方の重要性の意味すら理解できていない教師が大半ですから、指導出来ないのが普通です。

3. 繰り返し練習する。

繰り返し練習する。

生徒達は、授業を聞いたら「よくわかった」と思うかも知れませんが、残念ながら、それだけでは、全く力にはなりません。アスリートや音楽家たちが、毎日練習を繰り返して、一つの技を体得していくように、勉強も繰り返し練習しなければ、入試や模試では通用するレベルにはなりません。

育英では、充分な練習が出来るように、基礎から応用まで、たくさんの問題を繰り返し演習するように指導しています。

集団指導の大手の塾の授業では、難しい問題を中心に取り扱うため、充分に問題を解く力が育たない生徒が多いようです。

一方、個別指導の塾では、指導時間が短いため、問題演習にかける時間が非常に少ないのが普通です。
またアルバイト教師では家庭学習を指導できていないのが実態です。

学習塾は、たくさんありますが、その内容は、育アカの指導とはかなり異なったものです。
ぜひ一度教室でお確かめください。