コンテンツ

進む教育改革に対応する力

教育改革に対応する力をつける

入試改革で重視されている内容の本体は、
国語力=読解力・分析力
数学・算数力=論理的思考力の重視です。

近年の福岡県の高校入試でも、大学入試改革に対応した形で
次のような特徴が見られます。、

① 全部の教科で出題される文章が長くなった。
② 答えを問う問題から解き方の過程を問う問題へ。
③ 読み解くグラフ、表、資料などが増え、複雑化。
④ 論理力・分析力を必要とする思考力を問う問題が増加。、
⑤ 現実の生活に対応させる活用問題が増加。


これらの問題を解くための「文章読解力」や「論理力」は
高校入試直前の対策勉強だけで身につけるのは大変困難です。


今まで進学塾の主流となっていた
「詰込み型」受験勉強の方式では、

情報を正確に読み取って、
自分の考えを相手に分かりやすく伝えるといった
力が要求されるこれからの入試には

全く対応できない状況になっています。

将来の大学進学を念頭に入れ、早い段階から、
国語力・数学(算数)力をつけておくことが大切です。


育アカでは、
生徒の力に応じて、
読解・論理的思考の基礎力を習得できる教材を使い、
日々の学習で、これからの時代に必要な学力「読解力」「思考力」
を無理なく習得できるよう計画しています。


高校入試の「先」を考えた勉強

「Society5.0」社会の到来
  AI(人工知能)に負けない人間に

2030年頃には、AIが進化し、
人間の仕事の多くがコンピュータに変わる時代になると言われています。
今まで人類が経験したことがない、
ビッグデータやAIなどの技術がいっそう進展した
「Society5.0」時代の到来です。

その実態は明確ではありませんが、
最先端技術の研究者、落合陽一氏のいくつかの著作から、
AIの進化が社会にもたらす影響を挙げてみますと、

■ 自動運転が進み、「運転手」と言う職業がなくなる。
■ 自動翻訳機が進化し、「通訳」の仕事がなくなる。
■ 会計士や弁護士、裁判官の仕事もAIがやるようになる。
などなど。

総じて言えるのは、主にマネージメントに従事していた「ホワイトカラー」の仕事が縮小し、
人間の仕事は、AIを使って創造的な仕事でなければ、
AIが出来ない接客業務や、
AIと人間(お客)を結ぶ「インターフェイス」

(仲立ち=要するに苦情処理係)になっていくとか。


とんでもない話ですが、
これまで当たり前だったことがひっくり返る社会になっていくことは間違いありません。
どう変化するにしろ、この未知の社会で生きていくためには、
より高い適応力が求められます。
それに必要なのが、学ぶ力です。

新しいことを学ぶことが出来ないと、社会的不適応状態になり、
安定した生活を送ることが難しくなる、
それがこれから来る社会です。


子供の未来を保障するのは、
学ぶ力」と「学ぶ意欲


今までは「英語」「数学」など、教科ごとに学力が評価されていました。
入試で合否を決めるのは、それらの合計点でした。
しかし、これからは「教科を超えた力」と創造力が問われてきます。


私たち育アカが、教室で伸ばしていこうとする読解力思考力は、
生徒たちが高校、大学に入り、社会に出てからも確実に必要になる力です。
生徒たちには、どこか高校へ行ければいいといったことでなく、
壮大な目標のもとに、日々の学習に取り組んで欲しいと思います。


「継続は力」は昔からの言葉ですが、
これまで以上に重要な教訓になってきます。
社会から求められる力は、
すぐには作り上げることが出来ないからです。